身近な人だけでの川崎の葬儀

喪服姿の男女

お葬式は、残された人が家族や大切な人の「死」と向き合うためにも非常に大切な儀式です。お葬式の形態も以前に比べて多様化し、喪主が自由に選んだり、故人が生前にその形式を決めておいたりなど様々な選び方ができるようになってきました。
川崎市でも好まれる葬儀の形は変わってきています。家族だけでなく、会社関係や知人など様々な方に会葬してもらう一般的な葬儀も川崎市では多く行われていますが、近年川崎市でどんどん増えているのが遺族やごく親しい人でお見送りをする家族葬や密葬です。
家族葬は家族のみ、または家族以外の親戚や親しい人で行う葬式です。密葬も遺族や知人など故人を知る人達で集まり行うものです。意味合いは同じですが、こうした親しい人だけで行うお葬式が非常に増えています。
その理由には、故人との別れを一番悲しむ家族や親しい人達がしっかりと故人の死と向き合うことができるということが上げられます。一般的な葬儀となると、家族や身内は悲しんでいる間もなく葬儀の段取りや手配、会社関係などの知人への連絡や会葬者への挨拶やお礼など悲しんでいる余裕がありません。その点家族や親族、親しい人だけで行う葬儀は故人との別れにしっかりと向き合うことができるのです。

最新情報

川崎での葬儀で準備をするために

礼服姿の子供

川崎市には、多数の葬儀場があります。川崎市内で葬式を行うためにはまず葬儀場を決定しなければなりません。遺体を安置してそのままと言うわけには行きませんから、速やかに葬儀場を決めどんなお葬式をするのかを考えなければならないからです。身内が亡くなってしまえばいろいろと慌ただしくなりますが、葬式は遺体の状態のこともあり一定期間内に行わなければならないからです。故人に宗派がある場合は、その確認…

香典袋

これからの時代に求められる川崎の葬儀とは

葬式と言えば、万障繰り合わせて参列するものと言う意識が強いのですが、遠距離の場合や仕事や家庭の事情によっては参列が難しいことも少なくありません。また核家族化や高齢化社会の到来により、今後は参列者…

もっと詳しく

喪服姿の男女

身近な人だけでの川崎の葬儀

お葬式は、残された人が家族や大切な人の「死」と向き合うためにも非常に大切な儀式です。お葬式の形態も以前に比べて多様化し、喪主が自由に選んだり、故人が生前にその形式を決めておいたりなど様々な選び方…

もっと詳しく

通夜振る舞い

川崎で増える自由な葬儀スタイル

最近は生前整理という言葉をよく耳にするようになりました。その生前整理の一つにお葬式について書き残しておく方も増え、故人が生前から葬式の形態を自由に選ぶ時代にもなってきています。川崎市でもこのよう…

もっと詳しく

記事リスト